9月
28

undervár「Open Rehearsal GIG!!」レポート

Written by takashings posted on 9月 28, 2013 in ライブレポート


ロックバンド・undervárの初ライブが池袋BlackHoleにて行われました。

初ライブは「Open Rehearsal GIG!!」と題して、通常のライブとは趣向の違うライブ形式で行われました。

そのレポートを今回はお届けしたいと思います。



会場後、すでにメンバーはステージに上がっていて、チューニングを行っていました。
普通ではあまりない状況。

開演時間になるとDr.福島有からサウンドチェック。
そして、Pf.○貴、Ba.YUTARO、Vo.&Gt.Duranの順番にサウンドチェック。

なかなかない光景にオーディエンスはただただその様子を興味深く見ていました。

時間にして15分のサウンドチェック。
その後、本編のライブがスタート。

彼らの1stアルバムの「UNiDENTiFiED」の1曲目・UNiDENTiFiEDがS.E.として鳴り響く。

ドラムのソロから始まるライブ。
その流れで「HIKOUSEN」からライブはスタート!

ベースの勢いが激しかった「Söar」、クラップから始まった「Stjörnur」に続き、○貴のピアノソロ曲「C.R.O」。
CDではピアノだけだが、ギターリストとしても活躍するDuranのギターとの掛け合いが行われるのはライブならでは。

静寂を打ち破るかのように「Instóry」で中盤戦は始まる。
高速で駆け巡るような○貴の流れるピアノ、Duranのクリアなギター、YUTAROの突き上げるベース、力強い有のドラム。

オーディエンスもそれに応えて、腕を上げたり、クラップしたり、体を揺らすなどそれぞれに笑顔で楽しむ。

曲中の「僕 Duran」の部分でブレイクがあったのはなかなかにくい演出だった(Duran自身は知ってたのかな?)。

スローナンバー「Dóor」では胸に染みる音が会場に響き渡る。
それぞれのプレイにも熱が籠もる。

「NOVUS」では跳ねるベースが心地よかった。
Duranの声の伸びがすごく気持ちいい曲。

ラストは「FUNCALL」。YUTAROお得意の水の噴射の演出に会場は沸く!
(初ライブなのに)もうお決まりの如く、クラップをするオーディエンス!

サビの部分の「HighLow!」の部分はジャンプしたい!って思わせる弾け方だったよ。
次のライブではもっと跳ねたい!と思わせる曲。

ほぼ全ての曲をやり尽くしたが、オーディエンスからはアンコール!
本当のラストは「HIKOUSEN」で最後の最後まで盛り上がったundervárの初ライブだった。



今回はundervárを見たいと思った人だけのライブだった。

次回の10月1日のライブは対バン形式のライブ。
他のバンドを見に来た人も一緒に盛り上がれるライブになるといいな、と純粋に思う。

あと、印象的だったのはライブがスタートする前はまだライブハウスはいっぱいじゃなかったけど、ライブの中盤から徐々にお客さんが増えていって、最終的には人がたくさんになっていったのはすごかった。

「Today is! audience &Go! JumpJump HighLow! 跳んでいる間に まさかの人数へ このストーリーは確実に」とFUNCALLの歌詞じゃないけど、たくさんの人が彼らの門出を見に来てくれているのはいいな、と思った。

もっともっと彼らの新しい音も聴きたいし、これからどんなライブを見せてくれるかも楽しみだ。

まずは(本当の)初ライブを楽しみにしたい。


  • SET LIST
  • S.E. UNiDENTiFiED
    1. HIKOUSEN
    2. Söar
    3. Stjörnur
    4. C.R.O
    5. Instóry
    6. Dóor
    7. NOVUS
    8. FUNCALL
    EN. HIKOUSEN
    S.E. NONFiCTiON


    UNiDENTiFiED
    UNiDENTiFiED
    posted with amazlet at 13.09.27
    undervár
    ART LOVE MUSIC (2013-08-28)
    売り上げランキング: 23,120


    >>関連:undervár 初ライブが決定!2013年10月1日 下北沢GARDENに出演!



    この記事をシェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加


    Leave a Reply

    • (will not be published)