10月
3

THE PINBALLS LIVEレポート at 下北沢CLUB QUE 2013/10/2

Written by takashings posted on 10月 3, 2013 in THE PINBALLS, ライブレポート




ロックバンド・THE PINBALLSのライブへ行ってきました。

2013年10月30日にアナログ盤、11月6日に3枚目のミニアルバムがリリースを控えているということもあり、会場は多くのファンが駆けつけていました。

ライブでしか感じられない熱気は素晴らしかった。




SEが流れ、会場から歓声が上がるとメンバーが登場。

Vo.&Gt. 古川が拳を高くし、フロアを煽る。

その流れでトップナンバーはサイコから始まる。
お決まりとも言える流れにファンは揺れる。







彼らの得意とする初期のナンバー・ten bear(s)、yeah yeah yeah、アンテナを立て続けに連発し、会場は徐々に熱気を帯びていく。

ロックナンバーの後は蛇の目のブルース。
10月30日にアナログ盤としてリリースされるこの曲はゆったりとしたナンバーだが、古川のシャウトとGt.中屋のギターが冴える1曲。




後半では新曲を立て続けに披露。

THE PINBALLSの得意とするロックナンバー・carnival come、3枚目のミニアルバムの表題にもなっている・片目のウィリー。







古川のテンションも高くなり、感情の赴くままにビートを刻んでいた。

ラストはプリンキピアから、間髪入れずに悪魔は隣のテーブルにへとなだれ込む。
ロックを全身で鳴らしているかのような4人のロックは会場の熱気と共に昇華されていった。

The pinballs live photo 20131002 17





全て一瞬のことだったように、彗星のように彼らのライブは煌めいていた。




言葉では語らず、ただストイックに、彼らは音でその存在を証明していた気がした。
全ては音で。彼らのライブパフォーマンスはそう示しているようだ。



確実に彼らのライブは少しずつ成長していっている。
少しも見逃せない煌めきをライブハウスでぜひ感じて欲しい。

The pinballs live photo 20131002 18


The pinballs live photo 20131002 13


関連
THE PINBALLS OFFICIAL SITE
THE PINBALLS 3rdミニアルバム「ONE EYED WILLY」&アナログ盤「蛇の目のブルース」発売決定!

  • SETLIST
  1. サイコ
  2. ten bear(s)
  3. yeah yeah yeah
  4. アンテナ
  5. 蛇の目のブルース
  6. タバコ
  7. ニューイングランドの王たち
  8. carnival come
  9. 片目のウィリー
  10. プリンキピア
  11. 悪魔は隣のテーブルに


ONE EYED WILLY
ONE EYED WILLY
posted with amazlet at 13.10.02
THE PINBALLS
No Big Deal Records (2013-11-13)
売り上げランキング: 40,234



この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Leave a Reply

  • (will not be published)