1月
27

THE PINBALLS ワンマンライブレポート at 下北沢CLUB QUE 2014/1/25

Written by takashings posted on 1月 27, 2014 in THE PINBALLS, ライブレポート

Thepinballs live photo 20140125 092
THE PINBALLSのワンマンライブツアー「THE ADVENTURE OF ONE EYED WILLY TOUR」のファイナルが2014年1月25日に下北沢CLUB QUEにて行われた。

今回はバンド初の東名阪3大都市にて行われた今回のツアー。
そのツアーファイナルの熱気をレポートしたいと思います。


下北沢CLUB QUEは今か今かと胸を躍らせてるファンで埋め尽くされていた。
開演時間を少し過ぎた時、ライトが消え、SEが鳴り響き、歓声が上がる!

手を挙げ、紳士的にVo.&Gt.古川が先頭に次々をメンバーがステージへ。

1曲目は古川のギターとシャウトで始まる「friendly gently ghost」で一気に会場をロックに染める。

Thepinballs live photo 20140125 002
それに続き「carnival come」で確実にファンのハートに火を付け、ライブでは欠かせない「yeah yeah yeah」と続々とストイックに彼らのロックを鳴らす。

Thepinballs live photo 20140125 007
Thepinballs live photo 20140125 009
Thepinballs live photo 20140125 014
Gt.中屋の会場の空気を裂くギターで始まる「ICE AGE」とスローながらも力強いサウンドの「地球最後の夜」でファンの体を揺らす。


Thepinballs live photo 20140125 016
「昔の曲だけど、この曲で踊ろうぜ」と古川のMCの後には「ダンスパーティの夜」が披露される。
サビの部分ではそれぞれの思いに体と心を揺らすファンが多く見られた。

Thepinballs live photo 20140125 025
今回のツアーでは遠征しているファンもいたということもあり、そんなファンのためにライブではあまり披露されない「SLOW TRAIN」の曲をプレゼントするという、彼らなりの粋なパフォーマンスも。

Thepinballs live photo 20140125 027
Thepinballs live photo 20140125 029
Ba.森下のベースがうねりをあげる「deep sea song」とバラード曲「299792458」と聴かせる曲に続き、THE PINBALLSでは新しい試みとして、古川を除く3人でのセッションが披露される。

Thepinballs live photo 20140125 036
Thepinballs live photo 20140125 043
新しい一面をのぞかせる彼らは非常にワクワクする。
あの場にいた誰もがそう思っていたに違いない。

Thepinballs live photo 20140125 045
古川が戻ってきたところで盛り上がること必至の「ten bear」を披露。
とことんストイックにただただ彼らのロックを放つ。

Thepinballs live photo 20140125 049
Thepinballs live photo 20140125 052
「protect her, St. Christopher」の後には彼らの代表曲「アンテナ」で一気に会場は燃える!

Thepinballs live photo 20140125 060
ひたすら鳴らし続けるロックにファンは打ちのめされることなんて当然なく、むしろさらに水を得た魚のように盛り上がり続ける!!

それに応えるとばかりに「悪魔は隣のテーブルに」でさらに燃え上がる!

Thepinballs live photo 20140125 062
通常のライブでは1曲目に放たれるDr.石原の高速ドラムが特徴の「サイコ」の疾走感はいつも以上に燃え上がるファンの胸を加速させる。

Thepinballs live photo 20140125 067
Thepinballs live photo 20140125 068
Thepinballs live photo 20140125 069
Thepinballs live photo 20140125 070
最新アルバムのリード曲である「片目のウィリー」では彼らのストレートなロックを決めた。

Thepinballs live photo 20140125 077
古川が「これからもいい曲を作っていきたい」とMCでファンの前で伝えた時の目が真っ直ぐだった。
その言葉に続いて、ラストは彼らの飾らない一面がある「ニューイングランドの王たち」で本編を締める。

Thepinballs live photo 20140125 079
アンコールは「sugar sweet」で幕を開ける。

Thepinballs live photo 20140125 082
Thepinballs live photo 20140125 083
そしてライブで成長してきた「蛇の目のブルース」はじっくりと会場を改めて”いい具合に”揺らしてくれた。

Thepinballs live photo 20140125 084
Thepinballs live photo 20140125 086
ダブルアンコールではGt.中屋がタバコを吸いながら登場したということで、急遽「タバコ」を披露することに。
突然のサプライズに会場は歓喜を上げる。

Thepinballs live photo 20140125 094
そして、ラストは英語詩の「I know you」でTHE PINBALLSらしいロックでツアーファイナルは終わりを迎えた。

Thepinballs live photo 20140125 102
Thepinballs live photo 20140125 101
と思いきや、ライトが付いてもアンコールが鳴り止まず、トリプルアンコールを急遽行うことに。
石原のドラムが響き渡り、「プリンキピア」が始まる。
会場は待っていたとばかりに最後の炎をさらにたぎらせる!

Thepinballs live photo 20140125 104
Thepinballs live photo 20140125 105
Thepinballs live photo 20140125 107
古川、中屋、森下、石原ともに最後のロックを燃やして、本当のラストを締めくくった。

Thepinballs live photo 20140125 109

確実に下北沢の中で最も熱い夜だったと言える。
そして、THE PINBALLSにとって、一番輝いていたライブだったはず。
少なくとも、あの場所にいた全ての人はそう思えるライブだった。

3rdミニアルバム「ONE EYED WILLY」を発売してからますます勢いが付いてきて、2014年の初めを素晴らしい形で切ったTHE PINBALLS。
今回のライブの盛り上がりを見れば、東名阪のワンマンライブツアーは成功という言葉以外見つからない。

次回のライブではより一層パワーを蓄えたTHE PINBALLSが見られるはず。
2014年は確実に彼らのライブとサウンドは見逃せない。

・SET LIST
1. friendly gently ghost
2. carnival come
3. yeah yeah yeah
4. ICE AGE
5. 地球最後の夜
6. ダンスパーティーの夜
7. SLOW TRAIN
8. deep sea song
9. 299792458
10. ten bear
11. protect her, St. Christopher
12. アンテナ
13. 悪魔は隣のテーブルに
14. サイコ
15. 片目のウィリー
16. ニューイングランドの王たち

EN1. sugar sweet
EN2. 蛇の目のブルース
EN3. タバコ
EN4. I know you
EN5. プリンキピア

ONE EYED WILLY
THE PINBALLS
カテゴリ: Alternative



ONE EYED WILLY
ONE EYED WILLY
posted with amazlet at 14.01.26
THE PINBALLS
No Big Deal Records (2013-11-13)


・関連エントリー
THE PINBALLS OFFICIAL WEBSITE



この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Leave a Reply

  • (will not be published)