3月
16

ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会 1日目・3月15日 ライブレポート #momoclo

Written by takashings posted on 3月 16, 2014 in ももいろクローバーZ, ライブレポート

Momoclo national stadium live 20140315
どうも、れに推しの@takashingsです。
ついにこの日が来ました!ももクロ、国立競技場のライブ。
3月はこの日を楽しみに生きてきたと言っても過言ではありません!!

ももクロの夢だった国立でのライブ。
2days初日・3月15日(土)のライブレポートをお届けします!


全26曲!神セトリとの声、多数!

ライブ開始は17:00。

ライブが始まると、オープニングムービーが流れ、聖火台にももクロの姿。
そこにはインディーズデビュー曲「ももいろパンチ」の時の衣装を纏った5人の姿が。
(この時点で涙が…)

5人揃って火を付け、特設のジェットコースターに乗って、舞台に登場!

1曲目は衣装に合わせた通り、ももいろパンチ。
夢の舞台の1曲目がももいろパンチという演出が泣ける。

そして、その後、未来にススメ!、怪盗少女、ピンキージョーンズ、ミライボウルとももいろクローバー時代の歴代のシングル曲をメドレーではなく、1曲ずつ披露。

そして、デビュー当時からももいろクローバーZ誕生の瞬間までをおさらいする流れのVTRが流れると、これまた涙ポイント。

そして、Z伝説では曲中のナレーターを担当している立木文彦さんが生でナレーターを担当!このにくい演出に会場の歓声がヤバかった!
その後も歴代シングル曲をドンドン披露。
猛烈宇宙交響曲では合唱団の共演、GOUNNではCGを使ったディスプレイ演出も。

そして、5月8日発売の新曲泣いてもいいんだよが披露。
今回の作詞作曲は中島みゆきが担当ということで、曲調も今までのももクロ色とは異なって、泣きなメロディ。いつも全力でガンバレ!と応援しているももクロとは真逆で、今日だけは泣いてもいいんだよ、という違う形での背中を押してくれる一曲になっていました。


歴代シングル+新曲が終わると、DNA狂詩曲、BIONIC CHERRY、PUSH、Chai Maxxとライブでは欠かせない曲ばかりをこれでもか!というぐらいに連発。

そして、中盤ではライブが開催された3月15日が有安杏果の誕生日ということもあり、バックバンドと合唱団によるHAPPY BIRTHDAYの演奏と5万5000人の観客のおめでとうの歌!!

歌に合わせて川上MGRが誕生日ケーキを持って登場。
歌の最後に火を消そうとしたら、古屋MGRがケーキの中から登場(笑)
ですが、会場は緑のサイリウム一色。これは本当に感動の景色。

お祝いムードで盛り上がっている中、古屋MGRから誕生日プレゼントが渡されたのですが、それが手袋。
「杏果+手袋」と言えば、杏果が主役の曲・words of the mind -brandnew journey-。
もちろん、緑一色のサイリウムはそのままだったのはこれまた感動。

その後、以前国立をイメージして考えた立川でライブを行った時に行った「ツヨクツヨク」でリアカーに乗って移動するという演出がこの国立で復活したりと、これまたにくい演出も。



アンコールでは仮想ディストピアで勢い付いてスタート。

2曲目に行く前に恒例のサプライズ告知。
愛のメモリーに載せて、松崎しげるが聖火台に登場!

ここでは恒例となっている夏のライブ・ももクロ夏のバカ騒ぎが7月26、27日に日産スタジアム2daysが行われることが発表!
また、今回は前年のライブでは芝生部分も公開予定とのことで、前年以上の集客が可能になるとか。
夏のバカ騒ぎ2daysというのも初なので、これまた楽しみな夏のイベントになりそう!!!

そして、2曲目は新曲・堂々平和宣言ではももクロらしからぬ(?)サングラスを付けて、ヒップホップのリズムに乗ってノリノリのナンバーを披露!

ラストの走れ!では恒例となっている全ての照明が消える場面では一番の感動。
アリーナ、スタンド全て、1人1人のサイリウムが拡がる光景は二度と見られないぐらいの素晴らしいものでした。


そんな感動の場面がたくさんあったけど、ももクロ自身はしめっぽく終わることもなく、ずっと笑っていて、これからの夢に向かってまた走る決意の顔をしていたようにも見えました。


国立競技場のライブは今のももクロの集大成だった

今回のライブは本当に神セトリだった!!!

ライブの前半で歴代のシングルから始まる演出はさすがにグッと来た。
そして、ライブ中盤ではライブには欠かせないナンバーをそろえ、
ライブの終盤はしんみりするナンバーもあり、きちんと聴かせるナンバーが多かった。

ももクロとしては、夢を初めてファンと一緒に実現させたということもあり、
ライブでは恒例となっているゲストアーティストもおらず、
ももクロ5人をじっくりと魅せたライブだったと思います。

何が起こるんだろう?というサプライズは少なく、
曲の途中にイベントのような演出を入れることもなく、
ただただ踊りと歌のライブというものを
純粋に披露していたのは見ていて、楽しかった!


路上ライブから始まったももクロがここまで成長したんだぞ!というのが伝わってきたライブだったと思います。
だからか、(歌での)特別なゲストもおらず、5人の力で作り上げたライブだったのかもしれません。


本当に行けて良かった。
本当にそう思える国立競技場でのライブ。


次の夢は夏の日産スタジアム2daysの成功。
夏のバカ騒ぎは春の一大事よりもはっちゃけて楽しいライブだから、今から楽しみ!!


— SET LIST —
1. ももいろパンチ
2. 未来へススメ!
3. 行くぜっ! 怪盗少女
4. ピンキージョーンズ
5. ミライボウル
6. Z伝説 ~終わりなき革命~
7. D’の純情
8. 労働賛歌
9. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
10. Z女戦争
11. サラバ、愛しき悲しみたちよ
12. GOUNN
13. 泣いてもいいんだよ
14. DNA狂詩曲
15. BIONIC CHERRY
16. PUSH
17. Chai Maxx
18. words of the mind -brandnew journey-
19. いつか君が
20. ツヨクツヨク
21. 鋼の意志
〜アンコール〜
22. 仮想ディストピア
23. 堂々平和宣言
24. 月と銀紙飛行船
25. コノウタ
26. 走れ!

New Single「タイトル未定(初回限定盤)」(特典なし)
ももいろクローバーZ
キングレコード (2014-05-08)
売り上げランキング: 423

New Single「タイトル未定(通常盤)」(特典なし)
ももいろクローバーZ
キングレコード (2014-05-08)
売り上げランキング: 429



この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Leave a Reply

  • (will not be published)