4月
1

踊れること間違いなし!ゲスの極み乙女。の新アルバム「みんなノーマル」がオススメだっ!

Written by takashings posted on 4月 1, 2014 in 音楽

Minnanormal
ヒップホッププログレバンド、ゲスの極み乙女。の最新アルバム・みんなノーマルをフラゲ。

ゲスの極み乙女。のメジャー初のアルバムとなっています。
テレビや雑誌などでも取り上げられるのを多く見ています。
今、注目のバンドの1つ。

早速レビュー。
もちろん、ヘッドホンかつ爆音。
体が自然と揺れるよ。いい感じです。


ゲスの極み乙女。の初心者にもオススメできる踊れる1枚

前作「踊れないならゲスになってしまえよ」からわずか4ヶ月というタイトな中で作られたとは思えない内容。

今作はタイトルの「みんなノーマル」というタイトルが示すように人間模様というものが(相変わらず)キーワードになっていると感じました。

今までのゲスの極み乙女。らしさと新しいエッセンスを足したという感じでしょうか。
今までにないサウンドのアプローチもあり、今までのゲスらしさも出ていて個人的にはツボに入っています。
また、彼らのライブをCDでも体感できる1枚になっていると思います。

# ちょっと突っ込んだ話になりますが、
# 以前まではギターレスの曲もいくつかあったのですが、
# 今作ではVo.&Gt. 川谷絵音のギターがほぼ全部の曲で使われていました。
# 代表曲のキラーボールのようなギターレスの曲もいい感じなんですけどね。

リード曲にもなっているパラレルスペックは聴きやすいと思います。
YoutubeにもPVが出ています。
ヒップホップ感が前面に出ていて、プレイ面でも魅せる場面もあり、ゲスの極み乙女。のフルコースって感じです。



この感じがスーッと受け入れられるようであれば、他の曲もいけるかと思います。

サカナの心も今までのゲスらしい1曲になっています。
休日課長のベースがかなり際立っている1曲。
踊るよりも、聴き入るナンバー。

張り詰めている感じがプンプン漂う市民野郎はピアノ&シンセサイザーという新しいアプローチになっていて、今までのゲスでは聞いたことのないサウンド。
かなり攻めの1曲になっています。好き嫌いが別れるかと思いますが、通しで聴くといいアクセントになっていますね。

また、4曲目のノーマルアタマはストレートなナンバー。
お得意の躍動感にピアノの美しい流れを入れています。
2番目の歌詞の「STEP IN STEP IN」「gesu!gesu!gesu!gesu!」のコールはライブでは盛り上がれるのが簡単に予想できそう。
個人的にはこの曲が特に好きで、早速ヘビロテ。

BPM速めのsong3はテンション高めのナンバー。
この曲もライブ映えしそうな1曲。アッパーチューンで跳ねる!跳ねる!
縦ノリで、ひとまず踊っておけ!みたいな。

締めのユレルカレルはゲスには欠かせないゆったりとした踊るではなく、揺れるナンバー。
恋人との別れのシーンを描いた切ない1曲はありそうでなかったセンチメンタルなゲス。


メジャー第1弾ということもあり、聴きやすい1枚になっています。
ゲスの極み乙女。ってどういうバンドなの?っていう人にとってもオススメの1枚だと思います。
これが気に入ったら、次は2ndアルバムの「踊れないならゲスになってしまえよ」を聴いてみてはいかがでしょうか。

iTunesでは視聴もできるので、全体をサラッとでも聴いてみて欲しいです。
メジャーになってからもゲスらしさは変わらずで一安心。

ライブに行きたくなる1枚って感じで、ヘビロテのプレイリストに早速入りました。


みんなノーマル – EP
ゲスの極み乙女。
カテゴリ: J-Pop



みんなノーマル
みんなノーマル
posted with amazlet at 14.04.01
ゲスの極み乙女。
ワーナーミュージック・ジャパン (2014-04-02)
売り上げランキング: 80



この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Leave a Reply

  • (will not be published)