4月
5

THE PINBALLS ライブレポート at エロフェス in 2014/4/5

Written by takashings posted on 4月 5, 2014 in THE PINBALLS, ライブレポート

The pinballs live at eternal rock city april 5th 2014
新宿・歌舞伎町のライブハウスを舞台に行われるライブサーキットイベント・ETERNAL ROCK CITY(通称、エロフェス)。

そのエロフェスにロックバンド・THE PINBALLSも参戦!!

ライブ会場はBirth Shinjuku。
そこで行われたライブをレポートしたいと思います。



今回はサーキットイベントということもあり、
初めてTHE PINBALLSを観る人も多いようで、
開演前のフロアにはたくさんの人が詰めかけていました。

ライブ開始時間になると、SEが流れ歓声が上がる。
テンション高めでメンバーが舞台へ。

観に来たオーディエンスのハートを掴むように、疾走感溢れるナンバー・サイコで迎える。
期待を胸に膨らませたオーディエンスに呼応するように、シャウトする場面も。


続くten bearyeah yeah yeahと初期のロックナンバーを振りかざし、彼らの力強く、パワフルなパフォーマンスをアピール。

最新ミニアルバム・ONE EYED WILLYのリード曲・片目のウィリーでは彼らの中でもポップなナンバーが会場にゆったりと流れて、前半は彼らの王道のナンバーが並ぶ。



そして、後半戦は一気に畳み掛ける攻めのスタイルに。

ライブでは欠かせないナンバー・carnival comeでのGt. 中屋のギターソロはうねりを上げ、感情の赴くままにひずみを生み出し、オーディエンスを魅了していた。

アンテナ悪魔は隣のテーブルにとテンション高めでますます攻める。


ラストはプリンキピア

彼らのうるさいロックを撒き散らし、オーディエンスを一気に掻き回す。
最後ということもあり、オーディエンスも踊り、音に応えていた。


風のように現れ、風のように去っていった。
一瞬の花火のように短いライブだったが、そこにあった音や熱は他のライブに負けないものがあったと思う。

個人的にはいつも以上にテンションが高いライブだったように感じた。
ライブ中ではストイックパフォーマンスをすることが多い彼らだが、
魅せるパフォーマンスをする場面が多かったから。

中屋のいつも以上に魅せていたギターソロを始め、Vo.&Gt. 古川の感情を含ませた歌い回しもあり、ロックバンドの存在感を示したライブだった感じました。

東京での次のライブは4月19日に下北沢DaisyBarでThe next! Liddell 1974との2マンライブが予定されています。
今回のライブより濃い時間が味わえると思うので、気になる人はぜひライブへ。


・SET LIST

  1. サイコ
  2. ten bear
  3. yeah yeah yeah
  4. 片目のウィリー
  5. carnival come
  6. アンテナ
  7. 悪魔は隣のテーブルに
  8. プリンキピア

ONE EYED WILLY
ONE EYED WILLY
posted with amazlet at 14.04.05
THE PINBALLS
No Big Deal Records (2013-11-13)
売り上げランキング: 57,978


ONE EYED WILLY
THE PINBALLS
カテゴリ: Alternative



*今回はイベントでの撮影が禁止だったため、ライブフォトはありません。期待していた方、すみません。



この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Leave a Reply

  • (will not be published)