6月
1

渋谷タワレコで行われているアニメ「ピンポン」展に行ってきた

Written by takashings posted on 6月 1, 2014 in レポート

Pingpong exhibition at shibuya towerrecord 01
@takashingsです。

アニメ「ピンポン」が盛り上がっていますね。
自分もガッツリハマっています。

そのアニメ「ピンポン」なんですが、渋谷タワレコで「“アニメ「ピンポン」展~湯浅政明の描く松本大洋『ピンポン』~”」というイベントが開催されているということで行ってきました。


アニメ「ピンポン」をもっと好きになれる世界がここにはあった!!!

場所は渋谷タワレコ8FのSpaceHACHIKAIというイベント専用のスペース。

待ち受けていたのはピンポンでおなじみの卓球タムラ。

Pingpong exhibition at shibuya towerrecord 02
このイベントのためにピンポンの原作者・松本大洋さんとアニメ版ピンポンの監督・湯浅政明さんのコメントも掲載されていました。

Pingpong exhibition at shibuya towerrecord 03
目玉としては、ピンポンのキャラクターと卓球ができるゲーム「ピンポン THE DREAM MATCH」。

Pingpong exhibition at shibuya towerrecord 11
ペコの声に合わせてプロジェクターに映し出される玉を卓球のラケット型のコントローラーで打ち返すゲーム。
かなりよくできていました、これ。

画面に映し出されるアニメ(このゲーム専用なのかな?)もかなり凝っていて、なによりテンポがいい!実際にラリーをしている感じになれて、満足している人達が多かったです。

これはぜってーやるべし!なゲーム。


他にはアニメ「ピンポン」を作る上で欠かせない絵コンテの展示も。

Pingpong exhibition at shibuya towerrecord 07
今回の絵コンテは監督の湯浅政明さんが全て担当されたそうです。

原作にはないけど、松本大洋さんの頭にあったものをアニメ版には入っていたりなど、原作+アルファの部分が描かれているのが絵コンテに入っているとのこと。漫画をそのまま絵コンテにしているのではなく、いろんなシーンやエピソードを付け加え、アニメ用に新しいピンポンを作ったそうです。

また、絵コンテの他にも実際に使われた台本の展示も。

Pingpong exhibition at shibuya towerrecord 08
そして、今回アニメの制作にあたって資料として使われた卓球ガイドの展示や、個々のキャラクターの設定や戦術の細かい資料の展示もされていました。
この部分はかなりマニアックなんですが、この資料にはどうして球の動きはこうなっているのか?などのアニメの裏側の部分が資料として展示されていました。

そして、実際にアニメで使用されている各キャラクターのラケットが展示されていました。

かなりマニアックなんですが、アニメを見ている人には思わず頷ける部分があると思います。


そして、資料だけでなく、目で楽しめるものも。


実際の卓球台を用意して、ペコとスマイルのサーブやスマッシュのアニメーションボードもありました。

Pingpong exhibition at shibuya towerrecord 09
特にペコのスマッシュはヤバかった!!!
脳内でアニメーションが補完されて、スカッと気持ちいいシーンが浮かぶ!!

Pingpong exhibition at shibuya towerrecord 10
あと、ペコの股からの打ち返しシーンもボードで用意されているよ!
立体的に表現されている感じが良かったよ。

Pingpong exhibition at shibuya towerrecord 06
他には撮影禁止で写真はないですが、第1話〜第5話の中からセレクトされた複製原画の展示も。

アニメでは動きのあるシーンですが、一コマずつ見てみると、非常に迫力のあるシーンだというのが改めてわかりました。
特にスマイル、チャイナのスマッシュシーンの躍動感は引き込まれます。
(ペコが活躍するシーンは第8話からなので、ペコは少なかった…)

そして、オープニング原画(生原画)も特別展示されています。
アニメを見ている人はわかると思いますが、鉛筆タッチのあのオープニングが1枚1枚手書きされています。

どれも本当に素晴らしい!!!
1枚1枚を額に飾りたい!!って思える程すごいです。
生原画の迫力はすごいです、本当。



かなりてんこ盛りのピンポン展。
6月8日(日)までとあと1週間ほどですが、ピンポンを観ている人はぜひとも訪れていただきたい!!!

個人的にはオープニングの生原画はマジで観て欲しいところ!
実際に鉛筆で描かれているあの原画は本当にしびれます。

入場はチケット制で料金は300円。
チケットはそのままステッカーになっています。

Pingpong exhibition at shibuya towerrecord 13
ピンポン熱をさらに熱くさせるイベントであることは間違いなし!!!
渋谷に行ったら是非行ってください!!!



ピンポン COMPLETE BOX(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2014-08-27)
売り上げランキング: 264



この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Leave a Reply

  • (will not be published)