3月
19

PUNK BACK OCEAN、 ワンマンツアーファイナル・東京・下北沢SHELTER ライブレポート

Written by takashings posted on 3月 19, 2017 in ライブレポート

Punk back ocean live report 2017 3 18
2017年3月18日、東京・下北沢SHELTER。
LAID BACK OCEANのコンセプトプロジェクトの一環として結成されたパンクバンド・PUNK BACK OCEANのライブが行われました。

全国ワンマンツアーのファイナルということで、チケットはソールドアウト。
今回はそのライブのレポートをお届けしたいと思います。



ライブのチケットはライブ当日以前にソールドアウトしましたが、当日券を販売することが告知されていました。


プロジェクトは一旦終了ということでPUNK BACK OCEANは今回のライブをもって終了。
そのため、このようなツイートをされたのではないかと思います。

昼間は暖かい気温だったのが夜には急に冷えた東京。
そんな東京の下北沢SHELTERは満員御礼状態。
会場と外との気温差は大きく、人をよけて進むことが難しいほど。

当日券を買い求めた人が全員入場し終え、10分程開演時間が押してライブがスタート。

髪型、服装などの見た目もパンクに仕上げたメンバーがステージに登場。

最初の曲は「マイナンバー」でスタート。
ゆったりとしたリズムから転調して、じりじりと火が付き始め、「たましい売りの少年」では最初からわかっていたかのように「fuck’em all」のコールに反応するオーディエンス。

Vo.YAFUMIが「ぶっ飛べ東京!」の一言で会場の空気が一気に変わり、即座に「王と玉」が放たれる。
疾走感があふれるナンバーで飛び跳ねるオーディエンス。
YAFUMIの一言があったからか、モッシュとダイブをする人が出てくるまでに。


MCを挟み、本家LAID BACK OCEANの「MY STORY」へ。
Gt.KAZUKIのギターがライブハウスの空気を引き裂くような攻撃的な音で挑発する。そして加入したばかりのPf.SYUTOのピアノソロもギターサウンドに負けないぐらいのサウンドで重ねる。

バンド名にもある「PUNK」へなだれ込むとオーディエンスが飛び跳ねる魚へ変わる。
そして、JELLY→の曲「MY WAY」のカバーが披露されると会場の温度はさらに増し、Green Day「Basket Case」のカバーまで飛び出す。体を揺らし、手を挙げ、オーディエンスは曲と一体化していた。


ライブの中盤にBa.KYOHEIがマイクを取る場面も。
ちょうど1年前あたりに前ピアニストが脱退してメンバーを探していた時期があり、メンバーを探しにライブハウスにも訪れていたが、ちょうど初めて訪れたライブハウスが下北沢SHELTERだったそうだ。
今回のライブがまさにそういう形になるとは驚いたというMCに加え、「今はこの5人でステージに立てることを誇りに思っています」と自信に満ちあふれる話す顔には迷いが全くないように見えた。

その言葉を曲にしたかのような「ミスキャスト」が演奏されると会場はその一言一言を胸に刻むように聞き入っていた。

「デイ・ドリーム・ビリーバー」に続き、(YAFUMI曰く)「サザエさん シャブ中バージョン」ではゆったりした流れからの「YAH YAH YAH」に持ち込むという異例のカバーも。

そして「悲壮感と必勝感が同居する日々」では一気にトップギアに。
Dr.SEIJIの高速ドラムが一気にバンドの勢いを加速させる。

「死体」「トレイン トレイン」「夢を見ているだけで殺されちゃう」とメッセージ性がある楽曲が続き、YAFUMIが「次の曲は”モメンタム”という曲なのですが…」と言い、ギターが鳴るとJELLY→の「おもちゃのピストル」が披露され、会場は歓喜と熱気にあふれる。

ラストは盟友バンドであるUVERWorldの23ワードという曲のアンサーソングであるという裏話もある「モメンタム」という曲で本編は終了した。

当然これで終わることはなく、アンコールが巻き起こりすぐさまメンバーがステージに戻される。

そこで披露されたのはJELLY→の「Silver Fox Falls Into A Pitfall」
「I’ll never forget fuckin’ shit. I’ll never forget fuckin’ shit.」の歌詞は会場中手を挙げて歌う姿はまさに感動に値する光景だった。

これだけでは終わらず、ダブルアンコールも特別に。
本当の意味でのラストは同じくJELLY→の「NITRO GANG」

最後はなんでもありと言わんばかりにモッシュ、ダイブとオーディエンスは全ての力を出し切るように目を輝かせて、熱気の中で踊り狂っていた。
あまりにも一瞬過ぎると思わせる中でライブは終了。

ライブ終了後にはまだ足りないと思いつつも、今日のライブの感動を誰もが噛みしめていたと思えた。



今回のライブでツアーファイナルということだったが、ツアーグッズの製作現場で印刷機と一部グッズが盗難被害に遭い、その被害救済のために追加公演として5月5日にShibuya eggmanでのライブも決定。


さらにはライブでは6月からLAID BACK OCEANは全国ツアーが行われることを発表された。


熱狂と感動の中にあるのは生きていくことだと感じた。

「死体」という曲の中にある「新しくなくても ありふれてても どうしようもなくても 生きよう」という歌詞を歌うYAFUMIは目を閉じ、そこにある言葉に魂を込めていた。
そして、ラストの曲「NITRO GANG」でも「死んでも世界は 何も変わらない だから生き抜いて 何かを変えてやろう」と歌っていた。

彼らの根底にあるのは生きるということだと思う。
10年以上も前にも、そして2017年の今でも生きていくということが大切だと彼は歌っていた。

感動があり、熱狂もあり、時には悲しさやどうしようもないこともある、そんな人生という海を渡っていく船・LAID BACK OCEANは確実に勢いを増している。

今後の活動は彼らならではの音と行動をしてくれるに違いない。
今回のPUNK BACK OCEANでそれを感じた。そして、そう期待をせざるを得ないと思った。


◆PUNK BACK OCEAN 2017/3/18 at 下北沢SHELTER セットリスト
1. マイナンバー
2. たましい売りの少年
3. 王と玉
4. 除光液
5. MY STORY
6. PUNK
7. MY WAY
8. BASKET CASE
9. ミスキャスト
10. デイ・ドリーム・ビリーバー
11. サザエさん〜YAH YAH YAH
12. 悲壮感と必勝感が同居する日々
13. 死体
14. トレイン トレイン
15. 夢を見ているだけで殺されちゃう
16. おもちゃのピストル
17. モメンタム

EN1. Silver Fox Falls Into A Pitfall
EN2. NITRO GANG

LAID BACK OCEAN オフィシャルホームページ



この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Leave a Reply

  • (will not be published)